酸素カプセル

酸素カプセルの原理

低気圧
(天気の悪い日)
頭がスッキリしない。
気分・体が思い。
頭痛がするなどの症状が現れる。
高血圧
(天気の良い日)
体の調子が良い。
疲れが残りにくい。
コンディション良好。
酸素カプセルは天気の良い日と同じ状態を作る
高血圧状態が体の調子を整えます。
リンパの流れにより血流を促進する
成長ホルモン(IFG-1)の増加※圧力の刺激によってIFG-1が増える
通常呼吸の2倍の酸素量を接種※年齢と共に増加する心臓機能をサポート

我々の体内には2種類の酸素が存在します。

【結合型酸素】モグロビンと結びついた酸素。

体内酸素の 99% で、大きさが約 7 ミクロンと大変 大きい。通常の呼吸ではヘモグロビンの絶対量しか体内に取り込めない。

【溶解型酸素】体液にガス化して溶け込んだ酸素。

非常に少ないが、ガス化した状態なので大変 小さい。ヨガや気功の達人が行う特殊呼吸法で増えると言われている。

血管の長さは約 10 万キロ。

私たちの血管は、約 99% がヘモグロビンより 3 割も細くできているので、血流が悪くなりやすくなります。
年齢と共に血管壁がコレステロールなどで汚れ細くなると、ヘモグロビンの結合型酸素が通過しにくくなる
為、細胞が酸素不足になり、病気や老化の原因になるといわれています。
高気圧酸素カプセル(ボックス)を利用すると、気圧の作用で溶解酸素が増えます。
溶解型酸素は小さい為、細くなった血管も無理なく通過し、酸素が体中に行き届くので、各細胞が活力を取
り戻し、若返りや健康増進に役立ちます。
高気圧環境によって溶解型酸素を増やし体の隅々まで酸素を供給し、細胞を活性化するのが「高気圧酸素」です。(ヘンリーの法則を応用 )

こんな時にお勧めします!

美容

美容

美容
肩こり・腰痛

肩こり・腰痛

肩こり・腰痛
疲労

疲労

疲労
ケガの回復

ケガの回復

ケガの回復
スポーツ後

スポーツ後

スポーツ後
ダイエット

ダイエット

ダイエット

高気圧メディカルトレーナー実験結果

血中乳酸値・体脂肪率の計測

■実験方法
酸素ボックス内での運動前後に血中乳酸値及
び体脂肪率を測定。
入室時間:30 分
最高気圧:1.3 気圧(加圧 10 分・減圧 5 分)
被験者数:社内より 8 名を任意抽出
■検証結果
社内検証では酸素ボックス内での有酸素運動
(30 分間)により、乳酸値は 40% 減少し、
体脂肪率は 1% の減少を確認した。

高気圧酸素カプセル・ボックスをご利用いただけない方

  • □耳抜きができない方(飛行機で耳が痛くなる等)
  • □アレルギーや風邪で鼻が完全に詰まっている方
  • □ペースメーカーを入れている方
  • □糖尿病でインシュリンを投与している方
  • □妊娠中の方